head-line
ネットで投信を買う! ネット証券4社共同プログラム~資産倍増プロジェクト~

ネット証券専用ファンドシリーズ

すべて購入時手数料無料!1000円から購入可能

» 一覧はこちら

動画レポートはこちら

イベント

経済展望から今注目のファンド、投資の心得まで
NISAをサポートするイベント、情報が満載!

『ネットでNISAフォーラムin Tokyo』2015会場レポート【1】

  • 1
  • 2

■NISAを機に投資デビューした若い世代も続々と来場

「NISA(少額投資非課税制度)の日(2月13日)」の翌日14日(土)、「資産倍増プロジェクト」の共同イベント、第5回『ネットでNISAフォーラムin Tokyo』が開催された。会場は同フォーラムの東京開催地としてすっかりお馴染みとなった大相撲の聖地、両国国技館。

今年は入口近くに各出展会社のブースが設置され、多くの来場者を集めていた。

 今回はタイトルを「投信フォーラム」から「NISAフォーラム」に改め、景気・経済やマーケットを展望する講演からパネルディスカッション、トークショー、注目のファンド紹介まで、投資を始めたばかりの人にもわかりやすくて楽しめる多彩な内容だ。各イベントは前回と同様、メイン会場と各社の展示ブース、ミニセッション会場(2カ所)に分けて行われた。

 当日は、株価上昇への期待や企業の好決算を反映するかのように、朝早くから多くの人々が次々と詰めかけ、予定よりも早く午前9時に開場。プログラムがスタートする10時には、メイン会場のアリーナ席(大相撲本場所中は『土俵』が中心に置かれる会場)と2階はほぼ満席に。NISAへの関心も高く、例年以上に若い世代や家族連れも目立った。

■主催4社の社長挨拶から多彩なプログラムが幕開け!

 メイン会場では、フォーラム主催4社(SBI証券、カブドットコム証券、マネックス証券、楽天証券)の社長による挨拶からイベントがスタート。進行はフリーアナウンサーの小川まどかさんが務めた。

 松本大・マネックス証券代表取締役社長CEOは、来場者への挨拶の後、「資産倍増プロジェクト」の主旨を次のように話した。

松本大・マネックス証券代表取締役CEO

「今、日本の個人投資家の90%以上がオンラインで株取引を行っています。しかし、投信に関しては販売残高シェアが数%程度。そうした現状を鑑み、投信でも4社が力を合わせて改革を進め、お客様の資産形成をサポートしていくことを目的にこのプロジェクトを立ち上げました。最近、仏経済学者・ピケティの『21世紀の資本』という本が注目され、『投資による資本収益率が常に経済成長率を上回る』という理論が世界的に話題になっています。これから日本もデフレから抜け出し、緩やかなインフレになっていく中で、どのように資産を増やしていくかが大変重要になってくると思います。本日は20以上のプログラムをご用意いたしました。皆様にさまざまなかたちで資産を増やしていくためのアイデアや気づきをご提供できれば幸いです」

楠雄治・楽天証券代表取締役社長

 続いて、楠雄治・楽天証券代表取締役社長がこれまでの4社の取り組みについて説明した。

「昨年は各社ともNISAの普及活動やその主力商品である投信のアピールに努めてきました。その結果、NISA口座は4社合計で101万口座と、大手銀行に匹敵する口座数を獲得することができました。これも皆様のご協力のお陰と感謝しております。資産倍増プロジェクトがスタートした4年前は、4社の投信残高合計が1兆円に満たない状況でしたが、昨年末時点で2兆円を超える状況になっています。さらに、2011年夏に設定された6本の4社専用ファンドのうち、3本が100%を超えるパフォーマンスを挙げています。まさに資産倍増となったわけです」

髙村正人・SBI証券代表取締役社長

 髙村正人・SBI証券代表取締役社長は、協賛各社への感謝とイベントの意義を次のように述べた。

「このイベントを物資両面で支えていただいているのが投信運用会社の皆様です。今年は11社の運用会社の皆様からご協賛をいただきました。昨年は7社でしたので、イベントの主旨に賛同いただける会社が大幅に増えたということです。この場を借りて厚く御礼申し上げます。毎年申し上げておりますが、本日は、開発機能を有する投信運用会社と販売プラットフォームを持つネット証券、そしてご来場いただいている個人投資家の皆様が一同に介する唯一のイベントです。メイン会場のセッションだけでなく、各社の展示ブースやミニセッションにもぜひ気軽に足を運んでみてください」

齋藤正勝・カブドットコム証券代表執行役社長

 最後に、齋藤正勝・カブドットコム証券代表執行役社長が、今後の4社の取り組みを表明。

「今回からイベントのタイトルが『ネットでNISA』となりました。NISAにスポットを当て、より普及に向けて努力したいと考えております。NISAの投資枠は2016年から現行の年100万円から120万円に引き上げられます。この金額は積立投資を意識したものだと思います。ネット証券4社では投信積み立てが500円から行えますから、ぜひご検討ください。先ほどお話にありました4社専用ファンドの中で一番良かったパフォーマンスは150%以上ですから、2.5倍超になっています。今回、各展示ブースで紹介しているファンドの中にも、スペシャルなパフォーマンスを出してくれるものがあると思います」

 その後、今日1日を元気に過ごすため、全員で立ち上がり準備体操を行い、最後は資産倍増の願いを込めて、恒例の“勝ちどき”で締めくくり。4社社長と来場者が一緒に手を高く突き上げて「エイ、エイ、オー」と大合唱、会場は拍手に包まれた。

恒例となった「エイ、エイ、オー」の掛け声でイベントはスタート!

 

  • 1
  • 2
  • 次のページへ
バックナンバー
ネット投信フォーラムinTokyo イベント内容を動画で配信中!
ネット投信入門講座
なぜ?投信はネット証券で買うのがおススメなの?
  • 低コスト
  • ファンドの種類
  • 1000円から積立
  • ネットならではの機能

詳しくはこちら

資産倍増プロジェクト
なぜ賢い投資家は「ネット証券」で投信を買うのか