head-line
ネットで投信を買う! ネット証券4社共同プログラム~資産倍増プロジェクト~

ネット証券専用ファンドシリーズ

すべて購入時手数料無料!1000円から購入可能

» 一覧はこちら

動画レポートはこちら

レポート

「ネット証券専用ファンドシリーズ 新興国中小型株ファンド」 新興国の中小型株を2つの戦略で厳選して運用。リスクを抑えながら、高いリターンを目指す!

~運用5年目を迎えるネット証券専用ファンドを徹底レポート【2】~

 2011年7月22日に設定した、DIAMアセットマネジメントの「新興国中小型株ファンド」。資産倍増プロジェクト専用ファンド第1弾のうちの1本だ。

 ファンドの直近1年の運用状況と今後の見通し、また好調なパフォーマンスを支える「低ボラティリティ戦略」など2つの運用戦略について、菊地尚文・DIAMアセットマネジメント株式運用本部上席ポートフォリオマネジャ-に聞いた。

■下落局面も2回あったが、この1年では+34.95%のリターンを達成

 まずは、直近1年のファンドの値動きを振り返ってもらった。
「2014年は、9月から10月にかけてエボラ出血熱の感染拡大懸念で、また年末には原油安の影響で市場が不安定になり、その影響で基準価額が下がった局面がありました。ただ、その2回の下落を除けば、順調に伸びたと言えるでしょう」(菊地上席ポートフォリオマネジャー・以下、カギカッコ内同)

DIAMアセットマネジメント 株式運用本部 上席ポートフォリオマネジャー 菊地 尚文氏

 新興国全体としては、引き続き経常赤字とインフレの問題があり、さらに米国の金融引き締め観測の影響による資金流出などもあったというが、「そのため多くの国で通貨安が進み、一部の新興国で輸出競争力が回復するなどプラスに働いた部分もありました。また、原油安自体は、実は約85%の新興国にとってはメリットのほうが大きい。原油安がマイナスに働いたのは、ロシアやブラジル、マレーシアなどの原油輸出国に限られました」。

  今年5月末までの1年間のリターンは、+34.95%(分配金再投資ベース)。参考指標であるMSCIエマージングマーケット中小型株インデックス(円換算ベース・配当込み・為替ヘッジなし)と比較すると、単月ではリターンが下回った月もあるというが、1年間のトータルでは上回り、設定来で見た場合は30%以上も参考指標を上回っている。

 また、モーニングスターのデータによると、この新興国中小型株ファンドは、他社の新興国ファンドと比べた場合、運用のブレ幅が非常に小さい、つまりリスクが非常に低いことがわかるという。

「2015年3月末までの1年間になりますが、標準偏差(ブレ幅)がわずか8.25%で、これは新興国ファンド全170本の中で5位という結果でした。(注:モーニングスターの分類における、当ファンドと同じ国際株式・エマージング・複数国(F)のカテゴリにおいて。)もちろんリスクが低いだけではなく、リターンについても170本中、上位1/4という高い位置につけています」

 新興国の株式に投資するファンドというと、高いリターンが期待できる反面、リスクも高いというイメージが強いが、この新興国中小型株ファンドの場合は当てはまらないようだ。「低リスクでありながら、中小型株式ならではの大きな上昇が取れるファンドであるという点は、ぜひ強調しておきたいですね」。

 ちなみに、6月18日時点での設定来のリターンは+84.79%。「専用ファンドが生まれるきっかけとなったプロジェクトの名称でもある『資産倍増』までは、あと一息といったところです」。

バックナンバー
ネット投信フォーラムinTokyo イベント内容を動画で配信中!
なぜ賢い投資家は「ネット証券」で投信を買うのか
ネット投信入門講座
なぜ?投信はネット証券で買うのがおススメなの?
  • 低コスト
  • ファンドの種類
  • 1000円から積立
  • ネットならではの機能

詳しくはこちら

資産倍増プロジェクト