head-line
ネットで投信を買う! ネット証券4社共同プログラム~資産倍増プロジェクト~

ネット証券専用ファンドシリーズ

すべて購入時手数料無料!1000円から購入可能

» 一覧はこちら

動画レポートはこちら

レポート

「AR国内バリュー株式ファンド(サムライバリュー)」 相場環境に左右されない「絶対収益」を追求する

~運用5年目を迎えるネット証券専用ファンドを徹底レポート【3】~

 みずほ投信投資顧問の「AR国内バリュー株式ファンド(愛称:サムライバリュー)」は、中小型バリュー株式への投資と指数先物取引を組み合わせた運用によって、相場環境に左右されない収益の獲得を目指す「絶対収益」型の投資信託だ。

 大型株中心の物色により、2014年10月~15年3月までは苦戦したものの、4月以降は銘柄選択が奏功し、基準価額が回復した。なかでも、今年8月の株価急落時には下落の影響は受けなかったという。直近1年間の運用状況と運用の仕組み、今後の株式市場の見通しについて、安西慎吾・みずほ投信投資顧問 株式運用部シニアファンドマネジャーに聞いた。

■相場全体は概ね堅調だった1年、ファンドの基準価額は+2.3%の上昇

 2014年9月から今年8月まで、日本株はどのように推移したのか。サムライバリューの運用状況の前に、まずは国内市場全体の動きについて振り返ってもらった。

「昨年9月は上昇して始まりましたが、10月に入るとIMF(国際通貨基金)が世界経済の成長率を下方修正したことをきっかけに、世界景気の減速懸念が台頭して世界的に株価は下落しました。

みずほ投信投資顧問 株式運用部 シニアファンドマネジャー 安西 慎吾氏

 その後、10月下旬になると再び上昇に転じ、10月末に日銀が追加の金融緩和策を発表すると上昇はさらに加速。途中、原油価格下落による産油国景気の鈍化懸念などから、横ばいで推移する時期も挟みましたが、基本的には6月まで堅調な展開が続きました」(安西シニアファンドマネジャー、以下カギカッコ同)

 1月下旬以降は、ECB(欧州中央銀行)の量的緩和の決定や米国の経済指標が堅調だったこと、また国内ではGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)に代表される公的年金の日本株の買い越し期待が続いたことがプラス材料になったという。

「そして7月以降、株価は大きく下落しています。まず上旬にギリシャの国民投票と中国株式市場の急落から調整局面入りし、いったんは反発しました。しかし、8月中旬になると中国人民元の基準値の切り下げを機に、世界景気の減速懸念なども相まって各国で再び株価が急落する展開になりました」

 ただ、調整や急落する場面があったとは言え、1年を通してみた場合には株価は上昇している。「TOPIXは+22.5%、また中小型バリュー株の指標であるラッセル野村ミッド・スモール・バリュー・インデックス(配当込み)では+23.7%の上昇となっています」。

 では、このような相場環境の中、サムライバリューのパフォーマンスはどうだったのだろうか。詳細は後述するが、サムライバリューは、現物株式への投資と指数先物の売建てを組み合わせて運用する仕組みのため、相場の上昇を丸々取れるわけではない。

 

「サムライバリューの基準価額自体は、1年で+2.3%の上昇となりました。また、当ファンドの主要な投資対象である中小型バリュー株にとっては、昨年9月~3月末まではアゲインストな環境、逆に4月~8月末までは運用が効きやすい状況だったと言えます。

 理由としては、前半は日銀の追加緩和による日銀のETF購入や公的年金資金の日本株買いの期待があり、中小型株ではなく大型株にとってフォローな環境だったことが挙げられます。一方、4月以降は大型株物色も一服して、当社が得意とする中小型バリュー株の企業リサーチ効果が発揮しやすい環境となりました。トータルでは、銘柄選択効果を前半に取れなかった分、後半は復調したものの若干苦戦した1年でした」

 なお、基準価額は8月31日時点で設定来の最高値を更新し、1万2361円となっている(9月30日時点までの最高値は、9月30日の1万2386円)。

バックナンバー
ネット投信フォーラムinTokyo イベント内容を動画で配信中!
ネット投信入門講座
なぜ?投信はネット証券で買うのがおススメなの?
  • 低コスト
  • ファンドの種類
  • 1000円から積立
  • ネットならではの機能

詳しくはこちら

資産倍増プロジェクト
なぜ賢い投資家は「ネット証券」で投信を買うのか