head-line
ネットで投信を買う! ネット証券4社共同プログラム~資産倍増プロジェクト~

ネット証券専用ファンドシリーズ

すべて購入時手数料無料!1000円から購入可能

» 一覧はこちら

動画レポートはこちら

イベント

〔三井住友アセットマネジメント〕
投資漫画家の三田紀房氏を迎え、トークセッション!

『ネットでNISAフォーラムin Tokyo』2016会場レポート〔8〕

 

■「投資信託は心とカラダに優しい商品」と三田氏

 三井住友アセットマネジメントのテーマは「始めよう投資信託セミナー~今こそはじめる資産形成」。特別ゲストとして投資をテーマにした学園漫画『インベスターZ』の作者・三田紀房氏、スピーカーに宗正彰氏・三井住友アセットマネジマントオンラインマーケティング部長を迎え、トークセッションが行われた。進行役は、同資産運用サポート部長の長篤氏と同資産運用サポート部の北田真弓氏が務めた。

向って右から長篤氏、北田真弓氏

 はじめに、三田氏が『インベスターZ』あらすじを紹介。

 「北海道札幌市にある私立の中高一貫名門校が投資によって学校経営を行っている。つまり、投資で学校の運営経費を稼ぎ出しているのですが、その投資を誰がやっているかというと、投資部の子供たち。要するに、子供が投資を通じて日本の経済をいろいろ語っていくという筋立てです」

 主人公は中学1年生、12歳。株や経済にまったく無縁だった子供が株を買ったり不動産を買ったりして、資産運用を学びながら人間としても成長していくというストーリーになっているという。『インベスターZ』のキャラクターは、投資教育に力を入れている三井住友アセットマネジメントのお客様資料などで広く活用されている。

 投資信託について三田氏は次のように感想を述べた。

 「この何週間かの間に日経平均はガタガタ下がっていますよね。個別銘柄で運用をなさっている方は毎日生きた心地がしないんじゃないでしょうか。その点、投資信託は心とカラダに優しい。長期の資産形成にはもってこいの金融商品だと思っています」

向って右から三田紀房氏、宗正彰氏

 続いて、長氏が同社の資産運用に対する考え方や資産運用の必要性、長期投資・分散投資・積立投資の意義などについて説明。三田氏は、長期分散投資の重要性について漫画の中でも取り上げているとし、次のように語った。

 「毎日株価を追うのはすごくストレスになるし、第一、皆さんそんなヒマないですよね。毎日ずっとチャートとにらめっこしているわけにはいきません。そうすると、リスク(価格のブレ幅)を抑えながら安定的に増やす長期分散投資というのは、投資に対する安心感と安定したリターンを得られる、スゴクいい手法だと思います」

 このようにトークセッションは終始和やかな雰囲気の中で進められた。この後、同社展示ブースで行われた三田氏のサイン会も大盛況となった。

バックナンバー
ネット投信フォーラムinTokyo イベント内容を動画で配信中!
なぜ賢い投資家は「ネット証券」で投信を買うのか
ネット投信入門講座
なぜ?投信はネット証券で買うのがおススメなの?
  • 低コスト
  • ファンドの種類
  • 1000円から積立
  • ネットならではの機能

詳しくはこちら

資産倍増プロジェクト