head-line
ネットで投信を買う! ネット証券4社共同プログラム~資産倍増プロジェクト~

ネット証券専用ファンドシリーズ

すべて購入時手数料無料!1000円から購入可能

» 一覧はこちら

動画レポートはこちら

インタビュー

「投信は、仕組みをよく理解して買うのが基本です」~投資信託を買う前に、知っておきたい現在の動向と考え方~

DZHフィナンシャルリサーチ 野口文高さんに聞く

■投資信託への資金流入は10年以上プラスの状態が続いている

 今回は、国内の公募投資信託やETF(上場投資信託)の動向、投信の国際比較など、個別の投信を検討する前に知っておきたい投信の大きな流れについてお話したいと思います。

 まず、投資信託の純資産残高から見ていきましょう。国内公募投信の純資産残高は、2016年2月末現在で88兆8597億円です。2015年5月に初めて100兆円を超えましたが、その後は世界的な相場の調整の影響で減少しました。ただ、資金フローで見ると、2003年以降、毎年プラスで推移しています。また月単位でも、2014年12月以降、ETFを除く株式投信への資金流入はプラスを継続中です。2月は日銀によるマイナス金利導入の影響で公社債投信から大量の資金が流出し、株式投信と公社債投資を合わせた投信への資金流入はマイナスとなりましたが、株式投信の資金流入はプラスが続いています。

DZHフィナンシャルリサーチ 野口文高氏

その中で、特に注目したいのが、毎月分配型以外の投信への資金流入の増加です。日本では長い間、毎月分配型が大半でしたが、2015年は毎月分配型への資金流入が3.81兆円であるのに対して、それ以外の投信へは4.84兆円と、毎月分配型を上回る結果になりました。

 毎月分配型以外が伸びている一因としては、アベノミクス相場で株価が大きく上がってきたことも影響していると考えられます。ただ、毎月分配型への資金流入も3.81兆円ありますから、毎月分配型の人気がなくなったということではなく、投信全体が伸びている中で毎月分配型以外にも指向が広がっていると言えるのではないでしょうか。

■2015年の売れ筋トップ10のうち、8本が毎月分配型で根強い人気

 では、具体的にどんな商品に人気が集まっているのか。2015年の1年間での資金流入額トップ10を見てみましょう。

 その前にぜひ言っておきたいのは、これからお話するのはあくまでランキングに過ぎないということです。「売れ筋だからよい投信だ」ということではありません(逆に「売れ筋だからダメ」というわけでもありません)。

 もちろん、「他の人が何を買っているのか」は参考になります。たとえば、電気製品を買う前にランキングサイトなどで「売れ筋ランキング」をチェックする人は多いでしょう。私自身も、エアコンを買い替える際には、量販店で売れ筋ランキングを調べました。特に、日本人は「隣がどうしているか?」を気にする国民性なので、売れ筋ランキングを見ている人は多いと思います。

 しかし、「売れ筋だから買う」という投資行動は非常にリスキーです。これから紹介するランキングは、あくまで「資金流入額トップ10」であって「オススメ投信トップ10」ではないことを理解しておいてください。

 表の右側にある「分配回数」を見て欲しいのですが、10位までのうち、実に8本が毎月分配型です。やはり毎月分配型の人気が根強いことがわかります。その中で、7位の「グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年決算型)」は年1回決算型、3位の「グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド」は年2回決算型です。

 また、10位以下となりますが、企業価値の向上が期待できる国内銘柄に投資する野村アセットマネジメントの「日本企業価値向上ファンド(限定追加型)」(年1回決算型)も資金を集めていて、これまでの毎月分配型一辺倒から状況が少しずつ変わってきていると見ています。

バックナンバー
ネット投信フォーラムinTokyo イベント内容を動画で配信中!
なぜ賢い投資家は「ネット証券」で投信を買うのか
ネット投信入門講座
なぜ?投信はネット証券で買うのがおススメなの?
  • 低コスト
  • ファンドの種類
  • 1000円から積立
  • ネットならではの機能

詳しくはこちら

資産倍増プロジェクト