head-line
ネットで投信を買う! ネット証券4社共同プログラム~資産倍増プロジェクト~

ネット証券専用ファンドシリーズ

すべて購入時手数料無料!1000円から購入可能

» 一覧はこちら

動画レポートはこちら

ネット投信入門

ネット証券各社の検索機能や便利なツールを活用して、買いたいファンドを上手に探そう&選ぼう!

 SBI証券、カブドットコム証券、マネックス証券、楽天証券のネット証券4社では、対面型の金融機関と比べると非常に多くの投資信託を扱っています。投信に投資したい人にとっては大きな魅力ですが、扱っている本数が多いことで「どの投信を買えばいいのか、探すのが大変…」という個人投資家もいるのでは?

 でもご安心を。各ネット証券には、そんなお悩みを解決してくれる心強いコンテンツがしっかり用意されています。今回は、ネット証券での投信選びに欠かせない検索機能と便利なお役立ちツール類を紹介します。

■ファンドの種類、リターン、コストなど多彩な項目で検索可能

 まずは、検索機能の基本を見ておきましょう。どんな項目で検索ができるのか、4社の検索項目をまとめたのが下記の表です。

 投資する資産や地域といったファンドの概要から、NISA対象なのか積立ができるのかなどの購入時の情報、販売手数料などのコスト面、もちろんトータルリターンやシャープレシオなどの運用成績まで、実に多くの項目で絞り込めることがわかります。

拡大画像表示

拡大画像表示

拡大画像表示

拡大画像表示

SBI証券 カブドットコム証券 マネックス証券 楽天証券

 もちろん、どんなに検索しても利用料などはかかりません。また、4社の投信検索機能は、いずれもログイン前・口座未開設の状態でも利用できます。ただし、最終的に購入することを考えると、基本は口座を開設しているネット証券の検索機能を利用するのがおすすめです。

 もし、取扱い証券会社にこだわらずにファンドを探したい場合には、「モーニングスター」や「投信まとなび」の検索機能を利用してもよいでしょう。目当てのファンドが見つかったら、「販売会社」の欄でそのファンドの扱いがある金融機関を確認することができます。

■目当てのファンドのイメージを持って検索するのがコツ

 最初は、気になる項目をどんどんチェックして、自由に検索して構いません。「この項目で絞り込むとこんなに少なくなるのか」「ノーロード投信はこんなに数が多いのか」など、さまざまな発見があるでしょう。

 検索に慣れてきたら、ここからが本番です。今度は投資対象や投資地域、リスクの度合い、リターンの数値、コストなど、自分が探したいファンドをある程度イメージしてから検索してみましょう。

 ただし、最初からあまり条件を厳しくしすぎると、検索結果が極端に少なくなってしまいます。検索結果は、重視する事柄を選んでソートしたり、検索結果一覧から5銘柄までをチェックして比較したりが可能ですので、多少幅を持たせて検索したほうが、結果的に自分が探したいファンドを見つけることにつながります。

■ランキングやおすすすめファンドなど、さまざまな探し方がある

 ネット証券4社で投資信託を探す方法は、ほかにもまだまだあります。

 たとえば、投資信託の各種ランキング。ランキングの内容は各社で異なりますが、売れ筋(販売額)ランキングだけでなく、騰落率やトータルリターン、分配金利回りなど、複数のランキングが用意されていて、ファンド探しの参考になります。

 また、ネット証券によっては、自社でセレクトしたおすすめのファンドなどを数銘柄まとめて紹介しています。そうしたコンテンツをチェックして、気になる銘柄を見つけるというのも一つの手です。

 さらに、カブドットコム証券の「FUND ME」やマネックス証券の「answer」のように、投資信託選びをサポートしてくれるスマホ向けアプリもあります(アプリの詳細は、2ページ以降の各社の記事を参照してください)。

 なお、各種コンテンツやアプリを利用してよいと思う銘柄を見つけたら、念のため、買う前に類似ファンドと比較してみるのもおすすめです。その際には、再び検索機能の出番となります。見つけた銘柄と同じ投資対象、投資手法のファンドの中から、リターンやコストなどでより自分が買いたいと思うファンドがないかどうかチェックしてみてもよいでしょう。

 次ページ以降は、4社それぞれの検索機能について見ていくと同時に、特にチェックして欲しいサービスやツールを取り上げます。

 

 

バックナンバー
ネット投信フォーラムinTokyo イベント内容を動画で配信中!
なぜ賢い投資家は「ネット証券」で投信を買うのか
なぜ?投信はネット証券で買うのがおススメなの?
  • 低コスト
  • ファンドの種類
  • 1000円から積立
  • ネットならではの機能

詳しくはこちら

資産倍増プロジェクト