head-line
ネットで投信を買う! ネット証券4社共同プログラム~資産倍増プロジェクト~

ネット証券専用ファンドシリーズ

すべて購入時手数料無料!1000円から購入可能

» 一覧はこちら

動画レポートはこちら

ネット投信入門

投信の「リバランス」を正しく理解しよう!

【今回の回答者】マネックス証券 飯田敦マネックス・ラボ室長

マネックス証券 マネックス・ラボ室長 飯田 敦氏

 投資信託で資産形成をしていくときに、気になることのひとつが「リバランス」ではないでしょうか。必要なものらしいけれど、いつどうやってやればよいのか、イマイチよくわからないという人も多いのでは? 今回は、実は誤解されている点があるという「リバランス」について、マネックス証券 飯田敦マネックス・ラボ室長に教えてもらいました。

 

■Q1:「リバランス」って何ですか? 何のためにやるの?

■A1:保有している資産の配分比率を調整して、保有資産のリスクが上がらないようにすることです。

 中長期で投資をしていくときには、日本株、外国株、国内債券、海外債券、REITなど複数の資産に分散投資している人がほとんどだと思います。通常、資産によって値動きは異なるため、ある程度長く持ち続けているともともと持っていた資産の配分が徐々に崩れていきます。それをもとの配分比率に戻すことがリバランスです。

 ●リバランスのイメージ

 では、なぜリバランスが必要なのでしょうか。例を挙げて説明しましょう。たとえば、日本株に投資する投信を25%保有していて、それ以外のものを75%持っていたとします。その後、日本株だけが上がって、ほかの資産は変化がなかったとすると、資産全体に占める日本株の割合が高くなります。

 25%だった日本株の割合が、値上がりの結果30%になったとしましょう。日本株が上がっているわけですからうれしい状況と言えますが、ウエイトが上がっているということは、当初より日本株のリスクが高くなっているということです。

 そのため、もしこの先日本株が下がる場合には、資産全体が受けるダメージが、当初の想定より大きくなってしまいます。リバランスをしてもとの配分に戻せば、リスクを当初想定していた状態に戻すことができます。

 ただし、リバランスが常によい結果につながるかというと、そうとは限りません。前述の例で説明すると、たとえば一本調子で日本株が上昇していて日本株の比率が30%まで上がったときに、それをまた25%に引き下げてしまうと、せっかくの上昇局面を逃してしまうためです。

 逆の場合も同様です。下落が続いていて、資産全体に占める日本株の比率が25%から20%まで低くなったところで、リバランスして25%に戻してしまうと、リバランスしなかった場合に比べて日本株下落の影響が大きくなってしまいます。リバランスの効果は、相場の状況とも密接に関わっているのです。

バックナンバー
ネット投信フォーラムinTokyo イベント内容を動画で配信中!
なぜ賢い投資家は「ネット証券」で投信を買うのか
なぜ?投信はネット証券で買うのがおススメなの?
  • 低コスト
  • ファンドの種類
  • 1000円から積立
  • ネットならではの機能

詳しくはこちら

資産倍増プロジェクト