head-line
ネットで投信を買う! ネット証券4社共同プログラム~資産倍増プロジェクト~

ネット証券専用ファンドシリーズ

すべて購入時手数料無料!1000円から購入可能

» 一覧はこちら

動画レポートはこちら

ニュースリリース

【SBI証券】間もなくサービス開始!投資信託が信用取引の担保になります!

2017/2/25~(予定)

2017/2/25(土)(予定)より、投資信託が信用取引の担保(代用有価証券)として使えるようになります!

代用掛目は国内株式同様、原則80%です。さらに、主要ネット証券初の試みとして、「一般型」の他に、当社では「累投型」の投資信託も対象となります。

国内株式だけでなく投資信託も担保として評価されることで、投資信託をお持ちのお客さまは信用取引の新規建可能額が大幅に増加します。 お持ちの資産をより効率的にご活用いただくことができ、投資のチャンスが広がります!

※累投型は分配金を自動的に再投資する方法、一般型は分配金を受取る方法を指します。

【POINT.1】当社だけ!累投型の投資信託も信用取引の担保に!

投資信託の保有残高を一般型/累投型別でみると、累投型の保有残高はなんと約3/4を占めています。
他社の投資信託代用有価証券サービスは「一般型」のみ対象(※)ですが、当社では「累投型」投資信託を信用取引の担保(代用有価証券)とすることを主要ネット証券初のサービスとして実現しました。
多くのお客さまが保有する「累投型」を最大限に活用することができるのはSBI証券だけです。

【POINT.2】運用資金をより効率的に活用できる!

「投資信託」が信用取引の担保(代用有価証券)となることで、現物株式だけでなく投資信託をお持ちのお客さまは、今までよりも新規建可能金額が大幅に増加します。
今回、現物株式と投資信託が共に担保とすることができるので、今まで以上に効率的に信用取引をご活用いただけるようになります。

【POINT.3】投資信託で分散投資+信用取引で機動的な取引を!

SBI証券は、投資信託の取扱いはネット証券トップクラス2,400本超!
さらに、一般信用取引も主要ネット証券5社で最多水準のラインナップ!

SBI証券ならば、投資信託のラインナップも充実しているので、国内株式や外国株式、債券、さらにはコモディティ(商品)など、多様な投資対象に分散投資をすることができます。さらに、一般信用取引のラインナップも充実しているので、投資信託を信用取引の担保にして、お客さまの投資スタイルに合わせた機動的な信用取引も同時に実現することができます。

一般信用取引の詳細はこちら

原文はこちら

バックナンバー
ネット投信入門講座
なぜ?投信はネット証券で買うのがおススメなの?
  • 低コスト
  • ファンドの種類
  • 1000円から積立
  • ネットならではの機能

詳しくはこちら

資産倍増プロジェクト
なぜ賢い投資家は「ネット証券」で投信を買うのか