head-line
ネットで投信を買う! ネット証券4社共同プログラム~資産倍増プロジェクト~

ネット証券専用ファンドシリーズ

すべて購入時手数料無料!1000円から購入可能

» 一覧はこちら

動画レポートはこちら

レポート

「日本応援株ファンド(愛称:スマイル・ジャパン)」 競争力のある優良銘柄への厳選投資で、「資産倍増」水準を継続中!

~運用7年目を迎えるネット証券専用ファンドの現状をレポート【1】~

 大手ネット証券4社による「資産倍増プロジェクト」の専用ファンド第1弾として、2011年7月に設定された三菱UFJ国際投信の「日本応援株ファンド(日本株)(愛称:スマイル・ジャパン)」。優良かつ割安な銘柄に厳選投資して、その値上がり益を獲得していこうというファンドだ。

 まもなく運用7年目を迎えるこのファンドの直近1年の運用状況と運用の仕組み、今後の見通しについて、林広志・三菱UFJ国際投信 株式運用部業務戦略グループチーフマネジャーに話を聞いた。

■2つの大きな政治イベントをこなし、2016年度の騰落率は+11.73%を達成

 最初に、2016年4月~2017年3月末までのファンドの状況について、日本株市場全体の流れと共に振り返ってもらった。

「この1年は、四半期単位で見るのがわかりやすいと思います。まず、第1四半期である4~6月期は6月下旬に英国のEU離脱を問う選挙を控えていて、大きな不安要素がある中でマーケットは下落しました。この期間のTOPIXの騰落率は-7.5%。一方、スマイル・ジャパンは-5.21%で、TOPIXはあくまで参考指数に過ぎませんが、第1四半期については当ファンドが2.3%上回りました」(林広志チーフマネジャー、以下カギカッコ同) 

三菱UFJ国際投信 株式運用部業務戦略グループ チーフマネジャー林 広志氏

 同時期のドル/円レートと日経平均株価の動きも見ておくと、「為替は1ドル112円から102円まで円高が進み、日経平均は1万7000円台から1万5000円まで下落しました。後から振り返ると、2016年度の日経平均はこのブレグジット(英国のEU離脱)直後が『底』で、大きな流れとしてはここからあるべき水準へと戻っていったと言えるでしょう」。

 続く第2四半期(7~9月期)は、円高で推移する中で「日本株の円高抵抗力」が確認できた時期だったと林チーフマネジャー。また、第2四半期は、TOPIXが6.2%上昇したのに対して、スマイル・ジャパンは1.8%の上昇に留まった。「後で詳しく説明しますが、当ファンドは上がるときも下落するときも個別要因の影響を大きく受けています。この期間の上昇率についても個別要因によるものです」。

 10~12月末までの第3四半期は、11月8日の米国大統領選挙が株価に影響を及ぼす大きな政治イベントとなった。世間の大方の予想に反して、トランプ氏が勝利を収めたが、その際のマーケットの動きが特徴的だったと林チーフマネジャーは語る。

「当確が決まった直後、マーケットは一瞬大きく下に反応しましたが、そこからは期待先行で急速に戻していきました。この期間のTOPIXは+14.8%、スマイル・ジャパンは+11.16%です」。

 そして、トランプ新政権への期待先行相場がひとまず一巡した2017年1~3月期は、「一服ムードの中で米国の利上げ動向などをにらみつつ、株価はボックス圏で推移しました。TOPIXは0.4%下落しましたが、当ファンドに関しては+4.21%で上昇をぐっとキャッチアップして1年を締めくくりました」。

 ここまで見てきたように、ブレグジットと米国大統領選挙という大きな政治イベント2つをこなしつつ、スマイル・ジャパンの基準価額は年間で11.73%の上昇となった。2017年3月末時点での基準価額は2万3715円で、純資産額は14.1億円。設定来の分配金の合計は350円(税引前)となっている。なお、設定来の累計パフォーマンスは+140.88%で、参考指数のTOPIXと比べるとスマイル・ジャパンが67.05ポイントも上回る結果となっている。

バックナンバー
ネット投信入門講座
なぜ?投信はネット証券で買うのがおススメなの?
  • 低コスト
  • ファンドの種類
  • 1000円から積立
  • ネットならではの機能

詳しくはこちら

資産倍増プロジェクト
なぜ賢い投資家は「ネット証券」で投信を買うのか