head-line
ネットで投信を買う! ネット証券4社共同プログラム~資産倍増プロジェクト~

ネット証券専用ファンドシリーズ

すべて購入時手数料無料!1000円から購入可能

» 一覧はこちら

動画レポートはこちら

インタビュー

テーマ型投信を『当てに行く』のは3つの理由から難しい。ではどうする? ~テーマ型投信の注意点と上手な付き合い方を考える~

ニッセイ基礎研究所 金融研究部 研究員 前山裕亮さんに聞く

■17年1~4月に売れていた投信の大半は、毎月分配型とテーマ型

 今日は、いわゆる「テーマ型投信」との上手な付き合い方についてお話しようと思います。その前に、直近でどんな投資信託に人気が集まっていたのか、今年の1~4月の国内追加型投信の資金流入を見てみましょう。

●2017年1~4月の国内追加型投信の流入ランキング

  4月までの集計ですが、表からは毎月分配型(青ベースの項目)とテーマ型(オレンジ、緑ベースの項目)という2つのトレンドが見て取れます。毎月分配型については、これまで同様に人気が高いと言えますが、一方で運用対象や手法は昨年までとは変わってきています。

ニッセイ基礎研究所 金融研究部 研究員 前山 裕亮氏

 具体的には、昨年までは米国リートに人気が一極集中していたのが、直近はオーストラリアの高配当株やリート系、米国のハイ・イールド債などに買いが分散しているようです。その理由としては、相次ぐ分配金の引き下げと、加えて米国の利上げの影響が考えられます。

 しかし、高い利回りだけを見て単純に米国からオーストラリアに乗り換えているのであれば問題です。なぜなら、米国とオーストラリアを比較すると、オーストラリアは資源国である分、先進国とは言え米国よりリスクは高いと言えるからです。

 振り返ると、05~06年頃は先進国の債券に投資するグローバルソブリンが人気を集めていましたが、当時は日本の10年物国債で1~2%、米国債なら4~5%と、先進国債券でもある程度の利回りは取れていました。でも、今同じような利回り、あるいはそれ以上の利回りを求めようとすると、どうしてもリスクの高いものに行くことになります。

 インカムゲインはうれしいものですし、毎月分配型も高利回りを狙うことも別に悪ではなく、投資家のニーズに合っていれば全然問題はないと私は考えます。ただ、昔と同様に多額の分配金を得ようとすると、以前に比べて取るべきリスクが高くなっているということは意識をする必要があるのではないでしょうか。

■「当たれば大きい」のが、テーマ型投信の最大の魅力ですが…

 さて、ここからは、今回の本題であるテーマ型投信の話をしていきましょう。先ほどの17年1~4月の資金流入ランキングの表を見ると、直近ではロボ並びにAI(人工知能)関連の投信が「産業物」の一大テーマとして非常に人気があることがわかります。また、地域を限定した「地域物」ではインドに投資する投信が1本入っています。

 ちなみに、2位と19位は厳密に言うとAI銘柄に投資するのではなく、AIを銘柄選別に使っている投信です。ただ、個人投資家から見るとAIテーマ物として取り扱われているのではないかという気もしていて、ここでは運用手法にAIを使ったこの2商品もカッコ書きした上でAI関連に入れています。

 テーマ型投信とは、「旬」のものに投資する投信という感じですが、「ここが来そうだ」とヤマを張る、あるいはヤマを掛ける投資だとも言うことができるでしょう。実際、ヤマが当たれば大きなリターンを得られます。17年1~4月の追加型投信の高パフォーマンス・ランキングを見てみましょう。

●2017年1~4月の高パフォーマンス・ランキング

 
高いパフォーマンスを上げているのは、ほとんどがテーマ型投信です。上位を占めているのは「地域物」で、そのほとんどが3月の選挙結果などを受けて、資金が集まり非常に好調なインド株式に投資する投信です。一方、「産業物」では、IT・テクノロジー関連、あるいはバイオヘルスの株式に投資する投信が複数入っています。

 これを見て、「テーマ型はやはりリターンが大きい」ということで「インドの投信を買おう」「ITをテーマにした投信を買おう」と思われる方も多いでしょう。しかし、テーマ型というのは予想して当てなければいけないのが難しいところです。学生時代の試験勉強を思い出していただきたいのですが、試験範囲のヤマを張って勝負した結果、外れてしまい悲惨な目に遭ったという経験をお持ちの人もいるのではないでしょうか? テーマ型投信への投資も、ヤマが外れてしまう可能性があるのです。

バックナンバー
ネット投信入門講座
Topics

 

なぜ?投信はネット証券で買うのがおススメなの?
  • 低コスト
  • ファンドの種類
  • 1000円から積立
  • ネットならではの機能

詳しくはこちら

資産倍増プロジェクト
なぜ賢い投資家は「ネット証券」で投信を買うのか