head-line
ネットで投信を買う! ネット証券4社共同プログラム~資産倍増プロジェクト~

ネット証券専用ファンドシリーズ

すべて購入時手数料無料!1000円から購入可能

» 一覧はこちら

動画レポートはこちら

レポート

「AR国内バリュー株式ファンド(サムライバリュー)」中小型バリュー株投資+指数先物の売建で、「絶対収益」の獲得を目指す

~運用7年目を迎えるネット証券専用ファンドの現状をレポート【3】~

  アセットマネジメントOneの「AR国内バリュー株式ファンド(愛称:サムライバリュー)」は、有望な中小型バリュー株式への現物投資と指数先物取引を組み合わせることで、相場環境に関わらず「絶対収益」を追求するというファンドだ。

 同ファンドの直近1年間の運用状況と今後の見通し、さらに「絶対収益」の獲得を可能にする運用の仕組みについて、安西慎吾・アセットマネジメントOne 運用本部株式運用グループ国内株式担当ファンドマネジャーに聞いた。

■全体相場が好調の中、ファンドは+9.75%のリターンを獲得

 サムライバリューの運用状況の前に、まずは2016年8月~今年7月末までの1年間の株式市場の動きを振り返ってもらった。安西ファンドマネジャーによると、この1年間は3つの局面に分けられるという。

「1つめは8月~10月までで、この期間は6月末に起きた英国のブレグジットによる信用リスクが徐々に後退して、市場全体が上昇に向かう局面でした。米国の利上げ期待が後退する場面では若干調整も挟みましたが、雇用統計をはじめとする米国の経済指標が改善基調にある点もプラスに働きました」(安西慎吾ファンドマネジャー、以下カギカッコ同)

 2つ目の局面は、米国大統領選でトランプ氏が勝利した11月~12月末まで。トランプ新大統領の政策期待が高まり、市場は急上昇。日本国内に関しては11月8日のみリスク回避的な動きから下落したが、すぐに円安を伴って急反発した。「この局面では、世界的な金利上昇によって、特にメガバンクや大手生保といった金融関連株の上昇が顕著となりました」。

アセットマネジメントOne 運用本部株式運用グループ 国内株式担当ファンドマネジャー 安西 慎吾氏

 そして3つ目の局面は、今年1月~7月末までという若干長めの期間となった。「米国の政権運営に対する不透明感や北朝鮮の弾道ミサイル発射などが短期的なリスクとなる場面もありましたが、全体としては世界景気の回復期待が続いていて、緩やかな上昇局面だったと言えるでしょう。また、日本国内では企業業績の改善期待が好材料となりました」。

 外部環境が概ね順調な中で、日本株全体は好調に推移。TOPIX(配当込み)は、1年間で25.05%の上昇となった。

「また、サムライバリューの主要な投資対象である中小型バリュー株も好調で、中小型バリュー株の指標のラッセル野村ミッド・スモール・バリュー・インデックス(配当込み)は+32.77%と、TOPIXを上回って推移しました」

 続いて、中小型バリュー株式を「規模」と「スタイル」に分けて、サムライバリューの運用環境についてより詳しく説明してもらった。

「中小型バリュー株式を『規模』の面から見ると、大型株(TOPIX100構成銘柄)が+21.58%、小型株(TOPIXスモール)が+29.31%で、小型株が優位でした。また『スタイル』面では、グロース(ラッセル野村トータル・グロース・インデックス)が+19.58%、バリュー(同バリュー・インデックス)は+26.14%でした。つまり、中小型バリュー株式を投資対象とする当ファンドにとっては規模の面でもスタイルの面でもフォローであり、銘柄選択効果が発揮しやすい良好な環境だったと言えます」

 実際、企業リサーチの効果は十分に発揮できたと安西ファンドマネジャーは語る。この結果、サムライバリューの現物株式への投資部分(MHAM国内中小型バリュー株式マザーファンド)は1年間で40.04%の上昇となり、参考指標であるラッセル野村ミッド・スモール・バリュー・インデックスの+32.77%を、7.28%超過することができたという。

●基準価額と純資産総額の推移

 

 もちろん、後述するとおり、同ファンドは現物株に投資だけでなく指数先物取引の売建も行なっているため、現物株式の値上がり益がすべて収益となるわけではない。指数先物取引によって株式実質組入比率をコントロールした後の、ファンドとしてのパフォーマンスは+9.75%。2017年7月末時点の基準価額は1万4736円となった。  

バックナンバー
ネット投信入門講座
なぜ?投信はネット証券で買うのがおススメなの?
  • 低コスト
  • ファンドの種類
  • 1000円から積立
  • ネットならではの機能

詳しくはこちら

資産倍増プロジェクト
なぜ賢い投資家は「ネット証券」で投信を買うのか