head-line
ネットで投信を買う! ネット証券4社共同プログラム~資産倍増プロジェクト~

ネット証券専用ファンドシリーズ

すべて購入時手数料無料!1000円から購入可能

» 一覧はこちら

動画レポートはこちら

インタビュー

つみたてNISAは、投資初心者にも向いている制度。資産全体でのバランスを考えつつ、20年間持ち続けられる商品を選びましょう!

ファイナンシャルプランナー 岩城みずほさんに聞く

■つみたてNISAは、少額から積み立て専用で使えるNISAです

 つみたてNISAは、2018年1月からスタートする新しいNISA(少額投資非課税制度)です。利用に際しては、既存のNISAとはどこが違うのかなど特徴をよく知っておくことが大切ですが、それと同時に資産全体の中でつみたてNISAをどのように活用していくかという視点も必要です。

 私は、企業で働く方、学生向けなどさまざまな方に向けてお金のセミナーをする機会が多いのですが、そうしたセミナーで聞いてみると、つみたてNISAについてはまだまだ知らない人がほとんどのようです。今回は、スタート前に押さえておきたいつみたてNISAの概要や特徴、活用方法のポイントなどをお話していきたいと思います。

ファイナンシャルプランナー 岩城 みずほさん

 まずは、つみたてNISAの概要を見ておきましょう。つみたてNISAは、年間40万円までの投資から得られる利益(分配金や売却益)については全額非課税になる制度です。

 同じ「少額投資非課税制度」という名前が付いていますが、既存NISAの非課税投資枠が年120万円なのに対して、つみたてNISAは前述のとおり、年40万円と非課税枠は小さくなっています。

 ただし、つみたてNISAの投資期間は最長20年で、既存NISAの5年に比べてかなり長くなっています。そのため、非課税投資枠の総額では、つみたてNISAが800万円(40万円×20年)、既存NISAは600万円(120万円×5年)と、つみたてNISAのほうが大きくなります。

 ●つみたてNISAは、少額+長期で積み立てができる新しい制度

 また、つみたてNISAという名前のとおり、買付方法は積み立てのみです。一度にまとめて買うことはできず、「毎月1回」など定期的にコツコツ買い付けていく方法を取ることになっています。

 投資対象商品も、既存NISAとでは大きな違いがあります。既存NISAは、株式・投資信託・ETF・リートに投資できますが、つみたてNISAでは直接、株式やリートは買えません。また、投資信託の中でも金融庁が長期の積み立て・分散投資に適しているとした一定の条件をクリアしたものだけが対象で、10月13日時点では114本の投資信託が金融庁のサイトで公表されています。

■つみたてNISAは、これから資産運用を始める人に向く制度

 では、つみたてNISAは、どういう人が使うとよいのでしょうか。つみたてNISAというのは、金融庁による「将来に向けてコツコツ投資をしようという人を応援する制度」です。具体的な対象者のイメージとしては、これから資産運用を始めようという人や始めたばかりの初心者、まとまったお金を持っていない若い世代、それから資産運用のために費やす時間がないという方などが挙げられるでしょう。

 ただし、「投資は余裕資金で」というのが大原則ですから、若い世代でまだ貯金がまったくないという方は、まず運用の前に貯蓄をすることが重要です。貯蓄額はその人の収入や生活状況にもよりますが、年収の1年分あるいは半分といった金額を貯めた上で、投資をスタートするようにしてください。

 つみたてNISAが、これから資産運用を始める人に向いている理由は2つあります。

 まずひとつは、少額&長期で積み立て投資ができることです。20年間かけて非課税で投資をしていける点は、つみたてNISA最大のポイントと言ってよいでしょう。年間の非課税投資枠は40万円で、1カ月あたりでは約3万3333円と少額ですが、だからこそ若い世代の人にも始めやすい。もちろん、40万円の非課税投資枠をすべて使い切る必要はまったくなく、自分が適切だと考える金額だけ投資すればよいのです。

 もうひとつは、商品選択に制限があることです。先ほど述べたように、つみたてNISAでは一定の条件に当てはまる投資信託だけが投資対象となっています。既存の国内投資信託は全部で6000本ほどもあり、数が多すぎて初心者の方は商品を選ぶことが、まず非常に難しいんですね。

 一方、つみたてNISAは、インデックス型投資信託が100本、アクティブ型投資信託が14本とかなり絞り込まれています(本数は2017年10月13日現在)。そのため、商品選びが多少やりやすくなっていて、「最初の一歩」を踏み出すにはいい制度だと言えます。とは言え、私は114本ではまだ多いと実は思っています。投資が初めての人にとって114本のうちの1本を選ぶというのは、少々難しいのではないかというのが、FPとして多くの人をコンサルティングしてきた経験からの実感です。

バックナンバー
ネット投信入門講座
なぜ?投信はネット証券で買うのがおススメなの?
  • 低コスト
  • ファンドの種類
  • 1000円から積立
  • ネットならではの機能

詳しくはこちら

資産倍増プロジェクト
なぜ賢い投資家は「ネット証券」で投信を買うのか