head-line
ネットで投信を買う! ネット証券4社共同プログラム~資産倍増プロジェクト~

ネット証券専用ファンドシリーズ

すべて購入時手数料無料!1000円から購入可能

» 一覧はこちら

動画レポートはこちら

インタビュー

積立関連サービスの拡充、独立系などのアクティブ型投信の人気など――2017年、SBI証券の投資信託のトピックスを振り返る

SBI証券 執行役員投資信託部管掌 橋本隆吾さん、投信・債券部課長代理 鳴海孝幸さんに聞く

■トピックス①顧客のニーズに応えて、投信積立サービスの頻度を拡充

≪橋本≫ 2017年、当社の投資信託の販売は概ね好調でした。前年の2016年は、英国のEU離脱問題や米国の大統領選挙でのトランプ氏の当選などによる市場の混乱もあり、投信の販売はやや伸び悩む状況だったと言えます。しかし、相場の回復を受けて、2017年は年初から顧客の方々の投資意欲も前向きで、投資信託については11カ月連続で設定超、つまり販売が解約を上回る状況が続いています。

SBI証券 執行役員 投信・債券部長 橋本隆吾氏(左) 投信・債券部課長代理 鳴海孝幸氏(右)

 この投信販売の好調を支えている一つの要因のが、以前から力を注いでいた投信積立サービスのさらなる強化です。とりわけエポックメーキングなサービスが、10月7日から可能になった「毎日積立」に代表される積立日設定のバリエーションの拡充と言えるかもしれません。

 従来当社では、同じ銘柄であれば1カ月に任意の一日しか積立日を設定することができませんでした。これを、10月のサービス拡充で、毎日、毎週、毎月、隔月、そして複数日という5つの方法で積立できるように変更しました。このことが、投信の積立設定金額を増加させ、投信全体での販売増につながったと考えています。

≪鳴海≫ 以前から、「一つのファンドで月に複数回積み立てをしたい」というご要望はお客様から比較的多く頂いていました。たとえば、ひと月に3回、5日と15日と25日というようなイメージですね。10月7日のサービス改善は、そのニーズに応えた形です。

≪橋本≫ 9月末時点の積立設定額は71億3000万円でしたが、10月7日の積立頻度のサービス拡充開始を経て、10月末には初めて80億円を超えました。単純計算で1カ月で積立設定額が8億7000万円ほど増加したということなので、サービスを拡充、改善した効果はあったと言えるでしょう。また、2018年1月から「つみたてNISA」がスタートするということで、当社のお客様の中で「投信積立」に対する関心がいっそう高まってきたことの影響もあるかもしれません。

 ●SBI証券の投信積立サービスの設定金額及び設定口座数の推移

積立設定金額は右肩上がりで伸びていて、特に足元での伸びが著しいことがわかる。
拡大画像表示

 

 

 

 

 

 

 

 

≪橋本≫ 投信の買付金額全体の中では、積立の比率は1~2割程度とそれほど高いわけではありません。ただ、スポットでの買付は相場状況によって大きく変動しますが、積立の場合は安定的に続けていただけるので、買付があまり伸びない月は積立の比率が上がります。今回のサービス改善で、新たに投信積立をスタートするお客様も多かったですね。

≪鳴海≫ 積立サービスの拡充を機に投信積立を始めたという新規のお客様に加えて、すでに毎月積立をしていて、さらにもう1日、2日と積立の頻度をプラスするというお客様も結構いらっしゃったので、トータルで積立件数も設定金額も大きく伸びました。 

投信積立の設定画面。赤い線で囲んだ部分のとおり、究極の時間分散である「毎日」をはじめ、毎週、毎月、複数日、隔月の5つのコースから希望のものを選択可能。
拡大画像表示

 

バックナンバー
ネット投信入門講座
なぜ?投信はネット証券で買うのがおススメなの?
  • 低コスト
  • ファンドの種類
  • 1000円から積立
  • ネットならではの機能

詳しくはこちら

資産倍増プロジェクト
なぜ賢い投資家は「ネット証券」で投信を買うのか