head-line
ネットで投信を買う! ネット証券4社共同プログラム~資産倍増プロジェクト~

ネット証券専用ファンドシリーズ

すべて購入時手数料無料!1000円から購入可能

» 一覧はこちら

動画レポートはこちら

インタビュー

「iDeCo」と「つみたてNISA」、積立投資を支援する制度が整ってきました。まずは1銘柄、勉強がてら積立投資を始めましょう!

生活設計塾クルー ファイナンシャルプランナー 深田晶恵さんに聞く

■積立投資の支援制度が整って、変わりつつある個人の意識

 2017年に「iDeCo(個人型確定拠出年金)」の対象が大幅に拡大し、2018年から「つみたてNISA(積立専用の少額投資非課税制度)」もスタートしました。積立投資を支援する制度が整ってきたことで、個人の意識は、大きく変わったとまでは言えませんが、少しずつ変わりつつあると感じています。

生活設計塾クルー ファイナンシャルプランナー 深田晶恵さん

 振り返ると、「iDeCo」の対象拡大や「つみたてNISA」の前には、2014年の「NISA(少額投資非課税制度)」の導入もありました。ただ、現行「NISA」は120万円まで(2014~15年は年間100万円まで)と年間の非課税投資枠が大きく、もちろん「NISA」を積立投資に使っても構いませんし、年間の非課税枠を全部使い切る必要もありませんが、「お金を持っている人向けの制度」と感じた人も多かったようです。

 また、現行の「NISA」は非課税期間が原則5年、繰り越しても10年間と短いことも、「終わった後はどうするのか」という不安につながったのかもしれません。さらに、2012年12月からのアベノミクスで、「NISA」がスタートした2014年当時は株価が大きく上昇しているタイミングでした。「今から100万円も投資して下がったらどうしよう」と、二の足を踏む人も少なくはなかったと思います。

 一方、2017年の制度拡充でほとんどの人が利用できるようになった「iDeCo」は、積立での利用が基本です(2018年からは年単位での掛金拠出も可能になりました)。しかも、掛金が全額所得控除という“皆さんの好きな”入口での節税メリットもあります。「iDeCo(イデコ)」というニックネームが付いて、あちこちで目に触れる機会も多くなったことから、この1年間で「iDeCoで積立をやってみたい」という人は大きく増えたと思います。余談ですが、やっぱりニックネームを付けて浸透させるというのは大切ですね(笑)。

●直近1年の「iDeCo」の加入者数の変化  出典:iDeCo公式サイト

2017年の1年間で「iDeCo」の加入者が大幅に増加したことがわかる。なお、「つみたてNISA」の口座開設者数のデータはまだ公表されていない(4月18日現在)。
拡大画像表示

 そして、今年1月から始まった「つみたてNISA」。現行「NISA」の「積立版」です。年間の投資限度額は40万円と「NISA」に比べて3分の1ですが、非課税投資期間は20年と現行NISAより長くなっています。また、NISAと同様に投資で得た利益には税金がかかりません。投資金額の上限は月にならすと約3万3333円ですが、逆に金額が少ないからこそ「これくらいなら始められそう」と思う人が増えているのではないでしょうか。

バックナンバー
ネット投信入門講座
なぜ?投信はネット証券で買うのがおススメなの?
  • 低コスト
  • ファンドの種類
  • 1000円から積立
  • ネットならではの機能

詳しくはこちら

資産倍増プロジェクト
なぜ賢い投資家は「ネット証券」で投信を買うのか