head-line
ネットで投信を買う! ネット証券4社共同プログラム~資産倍増プロジェクト~

ネット証券専用ファンドシリーズ

すべて購入時手数料無料!1000円から購入可能

» 一覧はこちら

動画レポートはこちら

ネット投信入門

中長期での資産形成に欠かせない、ネット証券各社の投信積立サービスをまとめてチェック!

■SBI証券

「毎日積立」「毎週積立」など買付頻度の自由度が高い!

 SBI証券の投信積立サービスで特徴的なのは、買付頻度のバリエーションが豊かなこと。全部で5コースが用意されていて、「毎月積立」はもちろん、1カ月に複数の積立日を指定したり、「毎週」や「毎日」の積立を選択することも、さらには頻度を落として「隔月」で積み立てることもできます。たとえば、「投信A」は毎日積み立てて、「投信B」は隔月で…のように、商品ごとに設定できるので、自分なりにカスタマイズして積立サービスを利用したいという人におすすめです。

 また、投信積立で買付時に手数料がかかった場合には、全額キャッシュバックされるサービスもあり、ノーロード(購入手数料ゼロ円)ではない投資信託で積み立てがしたいという場合も安心です。

 

■カブドットコム証券

スマホやタブレットからでも投信積立の設定が可能!

 カブドットコム証券では、投資信託をはじめ、プチ株(単元未満株)や外貨MMFを少額から購入できる「プレミアム積立」という積立投資のサービスを提供しています。特徴は、パソコンだけでなく、スマホやタブレットからも投信積立の申し込みができること。スマホアプリの「kabu.com for iPhone/ Android/ au」、スマートフォン専用サイトのどちらからでも「投信を検索→目論見書をチェック→積立投資の設定」という一連の操作がスムーズに行なえるため、「ふだんパソコンをあまり使っていない」という人でも、手軽に投信積立をスタートできるのがメリットです。

 また、「つみたてNISA」にもいよいよ対応。2018年6月30日から申し込みや一般NISAからの切り替えの受け付けが始まっています。

 

バックナンバー
なぜ?投信はネット証券で買うのがおススメなの?
  • 低コスト
  • ファンドの種類
  • 1000円から積立
  • ネットならではの機能

詳しくはこちら

資産倍増プロジェクト
なぜ賢い投資家は「ネット証券」で投信を買うのか