head-line
ネットで投信を買う! ネット証券4社共同プログラム~資産倍増プロジェクト~

ネット証券専用ファンドシリーズ

すべて購入時手数料無料!1000円から購入可能

» 一覧はこちら

動画レポートはこちら

インタビュー

コストやレーティングの評価データから見る「アクティブ型VSパッシブ型」の現状と、アクティブ型投資信託を選ぶ際のポイントとは?

モーニングスター プロダクト開発本部ファンド分析部マネージャー 坂本浩明さんに聞く

■アクティブ型投資信託でも「低コスト」へのこだわりは重要

 「アクティブ型投資信託とパッシブ型(インデックス型)投資信託では、どちらが優れているか」――投資信託の世界で長年議論されているテーマの一つと言ってよいでしょう。今回は、いくつかの調査データを用いながら「アクティブ型VSパッシブ型」について考えると共に、よりよいアクティブ型投資信託を選ぶにはどこを見ていけばよいのかをお話したいと思います。

モーニングスター プロダクト開発本部ファンド分析部マネージャー 坂本浩明さん

 まずお伝えしたいのが、アクティブ型投資信託でもコストにこだわることの重要性です。従来、コストの重要性はどちらかというとパッシブ型投信でよく言われてきました。しかし、データを見るとアクティブ型投信でも低コストにこだわるべきだということがわかります。

 それを示したのが、米国のモーニングスターが半年に一度調査結果を公表している「アクティブ/パッシブバロメーター」です。アクティブ/パッシブバロメーターは、パッシブ型投信の平均リターンに対して、どのくらいアクティブ型投信が上回ったのかを「サクセスレート(勝率)という数値で示しています。

●カテゴリー別アクティブ型投資信託のサクセスレート

 

  いちばん上の「U.S.Large Blend(成長株と割安株の両方を含む米国大型株)」を例に説明すると、10年の運用期間では同じカテゴリーでパッシブ型投信の平均を上回ったアクティブ型は11.2%しかないということを表しています。言い方を変えると、10年経つとアクティブ型の9割近くがパッシブ型に負けてしまっているということです。ただし、コストに注目すると少し状況は変わります。最もコストが低い25%に限ると、勝率は17.5%まで高まります。一方、コストが高い25%では、パッシブ型の平均を上回るアクティブ型投信は4.0%と、全体に比べてさらに低い結果となっています。

 これは、別のカテゴリーで見ても同様で、明らかに「コスト水準によって勝率が左右される」、つまり「コスト水準が低いアクティブ型投信のほうが、パッシブ型の平均を上回る率が高くなる」と言えます。また、10年という期間もポイントで、長期保有の場合には特にコストの違いが効いてくるということです。

 この調査結果は米国籍の投信についてのものですが、日本の個人投資家にとっても非常に示唆に富む内容だと考えます。

バックナンバー
ネット投信入門講座
なぜ?投信はネット証券で買うのがおススメなの?
  • 低コスト
  • ファンドの種類
  • 1000円から積立
  • ネットならではの機能

詳しくはこちら

資産倍増プロジェクト
なぜ賢い投資家は「ネット証券」で投信を買うのか