head-line
ネットで投信を買う! ネット証券4社共同プログラム~資産倍増プロジェクト~

ネット証券専用ファンドシリーズ

すべて購入時手数料無料!1000円から購入可能

» 一覧はこちら

動画レポートはこちら

レポート

ネット証券4社共同での投信プロジェクトについて、個人的な想いや考えを書きます

カブドットコム証券臼田琢美より、ネット投資家へのメッセージ

■投資信託の現状

臼田琢美 カブドットコム証券執行役

 投資信託は個人の資産運用において非常に便利な金融商品です。少額から様々な投資対象やテーマに投資でき、そんなに資産運用に詳しくない人でも活用しやすいし詳しい人にとっても都合の良い、多様性ある商品だと思います。

 しかしながら、そのほとんどは対面での販売が占め、投信に対するイメージも偏っています。売れ筋ファンドは移ろいゆくものの、基本的には安定的保守的で、株式のようにダイナミックな変化や競争もなく、発展のスピードは遅いと思います。

 もちろん、これは安定的であるという良い面もあるのですが、利用者=投資家にとってもっと良い商品もっと良いサービスを提供していく上ではマイナスも多いでしょう。金融機関が組成し販売するわけですから、儲からないファンドを作るわけがありません。どんなに「貴方のために作りました」と言っても自分たちのためが大前提です。ただ、その割合が多すぎるのは良くない。もっと努力して自分たちのためを減らすことによってパイの拡大を指向すべきです。

 しかし現実は、そんなことしなくてもそこそこ売れちゃうのでまぁいいか、がまだまだあります。

■ネット販売を拡げたい

 この現状を改善していくためには、既存の対面での販売がほとんど占めるという状況を打破し、ネットでの販売比率を上げていく必要があると考えています。コストを下げたり、多様なニーズを反映した商品提供という点において、ネットでの投信販売は適しています。少なくとも、現状のように1~2%程度というのはあまりにも低すぎる。せめて3割程度はあって然るべき。

 ネット証券で投信を販売しだして約12年。ノーロードファンドを普及させ、低コストインデックス投信も生み出してきました。今でこそ当たり前のようですが、ここに至るまでは地道な努力の連続です。何年も「ネットならではの低コストインデックス投信を出しましょう」と働きかけ続けて、ようやくここまで持ってこれたというのが正直なところ。ノーロードだって数々の障害を乗り越えて今があります。時代は少しずつ動いてきました。

 それでも、人気の低コストシリーズですら残高は数億円とか十数億円とかごくわずかしかないものが多い。片や対面金融機関で売れるファンドは数千億円とか兆円の世界です。

バックナンバー
ネット投信フォーラムinTokyo イベント内容を動画で配信中!
なぜ賢い投資家は「ネット証券」で投信を買うのか
ネット投信入門講座
なぜ?投信はネット証券で買うのがおススメなの?
  • 低コスト
  • ファンドの種類
  • 1000円から積立
  • ネットならではの機能

詳しくはこちら

資産倍増プロジェクト