head-line
ネットで投信を買う! ネット証券4社共同プログラム~資産倍増プロジェクト~

ネット証券専用ファンドシリーズ

すべて購入時手数料無料!1000円から購入可能

» 一覧はこちら

動画レポートはこちら

インタビュー

投信は“個人ではできない投資”を実現するツール。世界に広がる魅力を確認してほしい

深野康彦さんに聞く

■投信の活用で、個人は投資対象を大きく広げることができる

 投資信託は、個人の資産形成をサポートしてくれる商品です。「個人では難しい投資を、資産形成にうまく取り入れるためのツール」と考えると活用しやすくなるでしょう。

 投資信託の投資対象や投資テクニックは年々広がっています。

世界地図を広げて、自分が投資している対象をイメージできるのが投資信託の魅力です。

 投資できる国や地域は毎年増え、世界地図がどんどん塗りつぶされていく感じです。先進国はもとより、BRICs(ブラジル・ロシア・インド・中国)をはじめ、ベトナム、インドネシア、南アフリカなどにも投資できるようになっています。

 一方、投資テクニックの面ではここ数年、投資対象の資産と通貨を組み合わせて双方から利益を狙う「通貨選択型ファンド」が人気を集めています。

 こうしたグローバルな投資や、通貨選択型などの高度な運用技術も、投資信託を利用すれば、容易に資産運用に取り込むことができます。

 実際に、中国やブラジル、ロシアを投資対象とする株式ファンドをタイミングよく買った人は数年の保有で、2008~09年頃に元本を1.5~2倍に殖やすことができました。投資信託には、こうした魅力的な収益機会を得られる可能性があるのです。

 国際分散投資を考えるなら、世界地図を片手に、次に投資してみたい国や地域を探してみるのもいいでしょう。そんなとき、ネット証券の情報サービスとして、投資できる国かどうか、各国の株式・債券インデックスの値動きなどがひと目でわかるような世界地図があると便利ですね。

■主体性をもってファンドを買うには「ネット証券」が最適

 投資信託の選択肢は年々広がる一方ですが、“主体性をもって”ファンドを買っている人はどれだけいるでしょうか。

 「いま人気のファンドだから」とか「日頃お世話になっている担当者が勧めるから」といった理由だけで購入している人が多いのではないでしょうか。これはとても残念なことです。

※深野康彦さんの講演がナマで聞ける!『ネットで投信フォーラム inOsaka』の情報はこちら!

バックナンバー
ネット投信フォーラムinTokyo イベント内容を動画で配信中!
なぜ賢い投資家は「ネット証券」で投信を買うのか
ネット投信入門講座
なぜ?投信はネット証券で買うのがおススメなの?
  • 低コスト
  • ファンドの種類
  • 1000円から積立
  • ネットならではの機能

詳しくはこちら

資産倍増プロジェクト