head-line
ネットで投信を買う! ネット証券4社共同プログラム~資産倍増プロジェクト~

ネット証券専用ファンドシリーズ

すべて購入時手数料無料!1000円から購入可能

» 一覧はこちら

動画レポートはこちら

ネット投信入門

【第2回】「分散投資」ってどうすればいい?
~これから投信を始めたい人へのアドバイス~

【今回の回答者】楽天証券 佐藤澄子投信債券事業部長

 投資信託を買ってみたいけれど、なんだか難しそう・・・。資金はどのくらい準備すればいいの? 何を買えばいいのかわからない。 ・・・と、投信を始めたい気持ちはあるのに、二の足を踏んでいる人もいるのでは?

 今回は、投資信託の大きな特徴である「分散投資」に注目しながら、投信の始め方を一緒に見ていきましょう!


■Q1:分散投資って何ですか? なぜ大切なの?
■A1:複数の資産に投資することです。資産の分散は、リスクの分散になるのでとても大切です。

 投資では、どんなにいいと思っても、1つの投資先だけに資金を集中させることは非常に危険です。何かあったときに、せっかく投資した資金をすべて失うことにもなりかねません。

 一方で、常にどこかにはお金が流れていくため、たとえば最近では、国内外の株も債券も一斉に下がったにも関わらず、金価格だけはものすごく上昇したといったことも起きるわけです。

 そこで、1つに固めず、複数の資産や地域に分けて投資をすることでリスクを分散する――これが「分散投資」の考え方です。

 そして投資信託は、分散投資に適した金融商品です。その理由は、日本株をはじめ、世界中の株や債券、コモデティ(商品)などまで、さまざまな対象に投資できる商品が揃っているためです。しかも、個別に買うのは難しい新興国の株式や個人では手掛けにくい原油などであっても、投信なら手軽に購入することができます。

■Q2:分散投資するには、お金がたくさん必要なのでは?
■A2:ネット証券の1000円積立を活用すれば大丈夫!

 投資を始めるには、多額の資金を用意しておかなければいけないと思っている人もいるかもしれません。でも、それは大きな誤解です。投資信託は最低1000円から購入ができますよ。

 しかも投信には、1本でさまざまな資産に投資する「バランス型」と呼ばれる商品もあります。これなら、1銘柄を買うだけで分散投資することが可能です。

 また、少額で分散投資するもう1つの方法としてぜひ活用していただきたいのが、ネット証券の1000円積立です。対面型の金融機関では投信の積立を扱っていても1万円からというところが多く、そうなると複数の銘柄を買って分散投資するのはなかなか大変ですよね。

 でも月1000円からなら、3つの投信に3000円ずつ投資しても、合計月9000円でOK。手軽に分散投資ができるわけです。


※「バランス型」とは?
1本で、国内外の株式や債券など複数の資産を組み合わせて運用するファンドのこと。

<バランスファンドの例>

●eMAXIS バランス(8資産均等型)(三菱UFJ投信)
ノーロード、1000円積立可、信託報酬0.525%(税込)、信託財産留保額0.15%
国内株式5%、先進国株式5%、新興国株式5%、国内債券5%、先進国債券12.5%、新興国債券12.5%、国内REIT12.5%、先進国REIT12.5%に分散投資する

●世界経済インデックスファンド(住信アセットマネジメント)
ノーロード、1000円積立可、信託報酬0.63%(税込)、信託財産留保額0.1%
国内株式5%、先進国株式30%、新興国株式15%、国内債券5%、先進国債券30%、新興国債券15%に分散投資する(2011年8月31日現在)

バックナンバー
ネット投信フォーラムinTokyo イベント内容を動画で配信中!
なぜ賢い投資家は「ネット証券」で投信を買うのか
なぜ?投信はネット証券で買うのがおススメなの?
  • 低コスト
  • ファンドの種類
  • 1000円から積立
  • ネットならではの機能

詳しくはこちら

資産倍増プロジェクト