head-line
ネットで投信を買う! ネット証券4社共同プログラム~資産倍増プロジェクト~

ネット証券専用ファンドシリーズ

すべて購入時手数料無料!1000円から購入可能

» 一覧はこちら

動画レポートはこちら

インタビュー

退職金の運用でファンドを買うなら知っておきたい「2つのこと」

深田晶恵さんに聞く

■ほとんどの人が最初から負けるべくして負けている

 今回は「これから数年以内に退職金をもらう世代」を対象に、退職金の運用についてお話ししたいと思います。

投資をはじめる人のほとんどの人が「負けるべくして負けている」状況をなんとかしたいのです。

 私は退職世代向けセミナーの講師も務めていますが、企業の担当者から、以前は「保険の見直しやリタイアメントプランの話だけで、退職金運用の話はしなくていい」と言われていました。それが5年ほど前から「退職金の運用で損失を出すOBが増えているので、失敗しないためのアドバイスを加えてほしい」という要望が増えています。

 退職金の運用がうまくいっていない人のほとんどは、投資のやり方を間違えていて、最初から「負けるべくして負けている」、私はそんなふうに感じています。

 では、退職金の運用で失敗しないためには、どのようなやり方で投資を始めればいいのでしょうか。そのポイントを紹介します。

■最初から「きれいな円グラフ」はいらない

 まず、退職金の運用で失敗しないために、とくに知っておいてもらいたい知識が2つあります。

 1つは、「退職金を全額投資して、すぐにポートフォリオ(分散投資の組み合わせ)をつくらなくてもいい」ということです。

 たしかに、国内外の株式と債券という4資産に分散させてポートフォリオを組むのがリスクを抑えながら増やす資産運用のセオリーとされていますし、その配分を重要視する専門家もいます。

 このため、「退職金をもらったら、できるだけ早く、きれいな円グラフ(ポートフォリオ)をつくらないといけない」と思い込んでいる人が意外と多いんですね。これを、私は「ポートフォリオの呪縛」と呼んでいます。

 このように複数の商品に一度に投資するのも、一つの商品だけに大きな金額を投じるのも厳禁。これをやってしまうと、大きなリスクを抱えてしまう可能性が高く、大失敗につながりかねません。やり方は後ほど述べますが、重要なのは退職金を一度に投資するのではなく、少しずつ投資していくことなのです。

■預貯金で増やすことができた世代はコスト意識が薄い

 もう1つ、知っておきたいことは「金融商品には、手数料などのコストがかかっている」ということ。この認識が甘いと、高いコストの金融商品を買ってしまうことにもなりかねません。

 当たり前のようですが、知らない人が多い。実は、退職世代向けセミナーで、私が「手数料とは儲けの足を引っ張るもの」と言うと、「そうだったのか!」という顔で皆さんがメモをとります。

 というのも、高金利時代に預貯金と貯蓄型の保険商品で容易にお金を増やすことができた世代は、コストなんてあまり考える必要がなかったからです。

バックナンバー
ネット投信フォーラムinTokyo イベント内容を動画で配信中!
ネット投信入門講座
なぜ?投信はネット証券で買うのがおススメなの?
  • 低コスト
  • ファンドの種類
  • 1000円から積立
  • ネットならではの機能

詳しくはこちら

資産倍増プロジェクト
なぜ賢い投資家は「ネット証券」で投信を買うのか