head-line
ネットで投信を買う! ネット証券4社共同プログラム~資産倍増プロジェクト~

ネット証券専用ファンドシリーズ

すべて購入時手数料無料!1000円から購入可能

» 一覧はこちら

動画レポートはこちら

イベント

ビッグネームの講演からファンド最新情報まで、注目のイベント目白押し! 大盛況の会場を現場レポート

『ネットで投信フォーラムin Tokyo』会場レポート【1】

講演内容はこちらのページで動画配信中!>>>
イベントレポートPart2はこちら!>>>

■さらにスケールアップしてついに待望の東京開催へ

 「資産倍増プロジェクト」の共同イベント、『ネットで投信フォーラムin Tokyo』が3月18日(日)に開催された。会場は、数々の名勝負の舞台となった東京・両国国技館。昨年11月の大阪開催に続いて2回目となる今回は、規模も大幅にスケールアップし、ビッグネームの講演をはじめ、投資信託による資産形成やネット証券で投資信託を購入するメリットなどを実感できる多彩なイベントが行われた。

両国国技館に続々と集まる来場者。

 当日は、10時のオープンに合わせてJR両国駅から会場に向かう人の行列ができるほどの盛況ぶり。初の東京開催ということもあって、近県から足を運んだ人も多いようだ。開場後も、時折雨の混じるあいにくの天気にもかかわらず、来場者は途絶えることなく終日続いた。

開会挨拶でステージに立った、ネット証券4社の社長。

 幕開けは、メイン会場で行われたフォーラムの主催4社(SBI証券、カブドットコム証券、マネックス証券、楽天証券)の社長による開会の挨拶から。進行は『ネットで投信フォーラムin Tokyo』の応援にかけつけた、ニュースキャスターの小川まどかさんが務めた。

松本大・マネックス証券社長

 まず、4社共同による「資産倍増プロジェクト」がどのような主旨で立ち上げられたかを、松本大・マネックス証券代表取締役社長CEOが説明。

 「オンライン証券の誕生、そして株式手数料の完全自由化を機に、株の取引環境はこの十数年間で格段に改善しました。一方、投資信託の取引環境は、この10年間あまり変わっていません。そこで大手オンライン証券4社で共同し、投資信託についても大きく改善していこうというのがこのプロジェクトの主旨です。商品性やコスト、情報提供など、幅広い視点から新しい発想で変えていきたいと思っています」

齋藤正勝・カブドットコム証券社長

 続いて、昨年3月の立ち上げ以降の取り組みを、齋藤正勝・カブドットコム証券代表執行役社長が紹介した。

 「ネット証券専用ファンドシリーズの販売や『ネットで投信フォーラムin Osaka』の開催、資産倍増プロジェクト初の公式書籍『なぜ賢い投資家は「ネット証券」で投信を買うのか?』の出版、共同キャンペーンなどを行ってきました。おかげさまで、この1年間の販売シェアは前年比20%増と、たしかな手ごたえを感じています」

澤田安太郎・SBI証券社長

 澤田安太郎・SBI証券代表取締役社長も、「お客様の声を正確に吸い上げ、それをサービスに反映させていくことが大事だと考えています。そうした意味では、この4社はインターネットというツールを利用して何百万人というお客様とコミュニケ-ションをとれる環境が整っているのが強みです。商品性だけではなく、投信に関する規制やルールの変更が必要という声があれば、4社共同で関係当局にも提言していきたいと思います」と、今後の抱負を述べた。

 そして最後に楠雄治・楽天証券代表取締役社長が、このイベントへの思いを熱く語り、挨拶を締めくくった。

楠雄治・楽天証券社長

 「今回のイベントは、投資信託の運用会社13社にもご協力をいただき、各社がブースを出しています。ネットの向こう側にいるお客様のお顔はなかなか見えませんし、直接お話しする機会もありませんから、投信運用会社には個人投資家の声を直接聞いてみたいというニーズが常にあります。一方、お客様も投信運用会社の人と直接話をする機会はほとんどないと思います。ですからこの機会に、ぜひ直接、質問や意見をぶつけていただきたいと思います」

 次のページでは、超豪華ゲストが続々登壇したメインステージの様子を紹介!

バックナンバー
ネット投信フォーラムinTokyo イベント内容を動画で配信中!
ネット投信入門講座
なぜ?投信はネット証券で買うのがおススメなの?
  • 低コスト
  • ファンドの種類
  • 1000円から積立
  • ネットならではの機能

詳しくはこちら

資産倍増プロジェクト
なぜ賢い投資家は「ネット証券」で投信を買うのか