head-line
ネットで投信を買う! ネット証券4社共同プログラム~資産倍増プロジェクト~

ネット証券専用ファンドシリーズ

すべて購入時手数料無料!1000円から購入可能

» 一覧はこちら

動画レポートはこちら

レポート

【新興市場日本株 レアル型】レアルの動向を注視しつつ、2年目も新興市場で「攻め」と「守り」を駆使して収益を狙う

~ネット証券専用ファンドの運用状況と今後【3】~

「新興市場日本株・レアル型」のイメージビジュアル

 資産倍増プロジェクト専用ファンド第1弾の3本目に設定されたのが、DIAMアセットマネジメントの「新興市場日本株 レアル型」。円建て資産をブラジルレアルで為替ヘッジすることや、専用ファンドの中では唯一、毎月分配を目指している点などでも注目を集めた。

 このファンドの運用状況と今後の見通しについて、DIAMアセットマネジメントの岩谷渉平ファンドマネジャーに話を聞いた。

■新興市場の値上がり益に加えて、レアルの金利収益、為替益を目指すファンド

DIAMアセットマネジメントの岩谷渉平ファンドマネジャー

 新興市場日本株 レアル型は、高い利益成長が期待できる国内の新興市場銘柄に投資して値上がり益を得ると同時に、円建て資産をブラジルレアルで為替ヘッジして、金利収益と為替益も狙おうというファンドだ。

 さらに、毎月分配型というのもこのファンドの特徴だが、金利の高いレアルでの為替ヘッジによる収益が期待できることで、日本株投資による配当と金利収益を付加することで、毎月分配を可能にしている

 このファンドが投資する国内の新興市場についてだが、設定当初は東日本大震災の落ち込みからいち早く値を戻すなど、堅調に推移していた。しかし、2011年7月29日のファンド設定からしばらくすると、米国債が格下げされ、欧州の財政問題も深刻化。リスク資産を回避する流れが起こり株価は世界的に下落し、為替については円高に大きく振れた。

 「ブラジルレアルの政策金利も利下げが続き、7月11日に8.0%まで引き下げました。2011年7月に12.5%に引き上げて以降、4.5%引き下げたことになります。対円での為替レートも、設定当初の50円前後から38.95円(7月18日現在)まで円高が進みました

 世界的な株価の下落と円高というダブルパンチを受け、新興市場日本株 レアル型の設定来の騰落率は-27.93%(分配金再投資ベース、税引前)、基準価額は6,653円となっている(いずれも7月18日現在)。

(設定日:2011年7月29日)※基準価額[分配金再投資]は、税引前の分配金を再投資したものとして計算しているため、実際の基準価額とは異なる。※基準価額[分配金再投資]=前日基準価額[分配金再投資]×(当日基準価額÷前日基準価額)(※決算日の当日基準価額は税引前分配金込み)※基準価額は信託報酬控除後。上記は過去の実績であり、将来の運用成果等をお約束するものではない。

 「なお、基準価額が下落した理由の大半は、対円でのレアルの下落によるものです」

バックナンバー
ネット投信フォーラムinTokyo イベント内容を動画で配信中!
なぜ賢い投資家は「ネット証券」で投信を買うのか
ネット投信入門講座
なぜ?投信はネット証券で買うのがおススメなの?
  • 低コスト
  • ファンドの種類
  • 1000円から積立
  • ネットならではの機能

詳しくはこちら

資産倍増プロジェクト