head-line
ネットで投信を買う! ネット証券4社共同プログラム~資産倍増プロジェクト~

ネット証券専用ファンドシリーズ

すべて購入時手数料無料!1000円から購入可能

» 一覧はこちら

動画レポートはこちら

レポート

【アジア新興国株式インデックス】 リスク回避の相場でも初年度はプラス推移、今後もアジア新興国の高い成長に期待

~ネット証券専用ファンドの運用状況と今後【5】~

「アジア新興国株式インデックス」のイメージビジュアル

 資産倍増プロジェクトでは昨年6本の専用ファンドを設定したが、その中で唯一のインデックスファンドが三井住友トラスト・アセットマネジメントの「アジア新興国株式インデックス」だ。

 橋本隆吾・三井住友トラスト・アセットマネジメント営業部担当部長に、ファンドの特徴を改めて聞くと共に、設定来の運用状況、今後の見通しについて話を聞いた。

■アジアの新興8カ国に、低いコストで投資できるファンド

三井住友トラスト・アセットマネジメントの橋本隆吾・営業部担当部長

 アジア新興国株式インデックスは、アジアの新興8カ国の株価指数である「MSCI エマージング・マーケット・アジア・インデックス(円換算ベース)」に連動する投資成果を目指すファンドだ。8カ国の内訳は、中国、韓国、台湾、インド、マレーシア、インドネシア、タイ、フィリピンとなっている(2012年8月末現在)。

 三井住友トラスト・アセットマネジメントでは、「資産倍増プロジェクトにふさわしい、高いリターンが期待できる商品を提供したい」という思いから、このファンドを設計したという。

 「高いリターンを狙えるのは何かと考えて、新興国の中でも特に経済成長が期待できるアジア地域の新興国に注目しました。一方で、長期の資産形成には低コストであることが重要と考え、インデックス型のファンドとしました」(橋本部長)

 アジアの新興国に投資するインデックス型のファンドは、このファンドが国内初となる。また、類似のインデックスファンドは現時点まで出ていない。

 これまでにないファンドであることなどが評価され、2012年1月には投信評価機関のモーニングスター社による「ファンド オブ ザ イヤー2011(Morningstar Award “Fund of the Year 2011”)」で、2011年に設定されたファンド402本の中から「ルーキーファンド賞」を受賞した。

 橋本部長は、受賞についてこう語る。「中長期の投資が可能な仕組みを整えていて、商品設計に新しい特徴がある点が、受賞の理由となったと聞いています。意図した点が評価されたことは、非常に誇りに思っています」。

バックナンバー
ネット投信フォーラムinTokyo イベント内容を動画で配信中!
ネット投信入門講座
なぜ?投信はネット証券で買うのがおススメなの?
  • 低コスト
  • ファンドの種類
  • 1000円から積立
  • ネットならではの機能

詳しくはこちら

資産倍増プロジェクト
なぜ賢い投資家は「ネット証券」で投信を買うのか