head-line
ネットで投信を買う! ネット証券4社共同プログラム~資産倍増プロジェクト~

ネット証券専用ファンドシリーズ

すべて購入時手数料無料!1000円から購入可能

» 一覧はこちら

動画レポートはこちら

とにかく低コスト

手数料無料の「ノーロード投信」をはじめ購入コストが安い!

 ネット証券で投資信託を買えば、コストを低く抑えることができる。

 投資信託には、購入時にかかる販売手数料、保有している間かかってくる信託報酬、そして解約時に発生する信託財産留保額と、主に3種類の手数料が存在する。

 こうした手数料は、投信の実質リターンに影響を及ぼすため、できるだけ低く抑えたい。そのためには、それぞれの手数料がどの程度かかるのかを購入前にしっかり確認しておくことが重要になる。

 とはいえ、信託報酬と信託財産留保額については、同じ投信ならどこで購入しても金額は変わらない。しかし、運用会社が定める範囲の中で販売会社が自由に設定できる買い付け手数料となると、話は別だ。ネット証券では、対面販売に比べて投信の買い付け手数料を低く設定していることが非常に多いからだ。

 まったく同じ投信なのに、対面販売の金融機関では販売手数料が3%、一方ネット証券なら0%――つまり販売手数料のないノーロード投信となれば、どちらが低コストかは考えるまでもない。

 また、ネット証券の場合は、扱っている投信のうち、そもそもノーロード投信が占める割合が高いことも知っておきたい。

ネット証券専用ファンドシリーズ
購入時手数料無料! 1000円から購入可能!
  • アジア新興国株式インデックス
  • AR国内バリュー株式ファンド
  • 野村グローバル・ロング・ショート
  • 新興市場日本株 レアル型
  • 新興国中小型株ファンド
  • 日本応援株ファンド(日本株)
初めての方でも安心!投信について、わかりやすくご説明します!
  • 教えて!投信のキホン
  • なぜ?ネット証券がおススメなの
  • 投信を買うまでの手順
ネット投信入門講座
なぜ?投信はネット証券で買うのがおススメなの?
  • 低コスト
  • ファンドの種類
  • 1000円から積立
  • ネットならではの機能

詳しくはこちら

資産倍増プロジェクト
なぜ賢い投資家は「ネット証券」で投信を買うのか