head-line

ネットで投信を買う! ネット証券4社共同プログラム~資産倍増プロジェクト~

・証券投資は、価格の変動、金利の変動、為替の変動等により投資元本を割り込む恐れがあります。お取引の際は、約款・規定集、契約締結前交付書面、投資信託説明書(交付目論見書)、お取扱商品の重要事項の説明等を良くお読みいただき、商品特性やリスク及びお取引ルール等を良くご理解の上、銘柄選択、投資時期、投資スタイル等、投資の最終決定はご自身のご判断とご責任で行ってください。
・投資信託の購入は、基準価額の変動により元本を割り込み損失を被ることがあります。ファンドにより販売手数料とは別に、信託報酬・解約手数料・その他手数料等を要するものがありますが、各ファンド別に要件・料率等が異なりますので表示できません。お取引に際しては、目論見書(商品毎)および目論見書補完書面(投資信託)をよくお読みください。
※詳細および最新情報は各社ホームページにてご確認ください。

インタビュー

美人金融レポーター・三井智映子さんが伝授! ビギナー向け投資術

貯金をすればするほど損!?そんな時代が迫っている。政府がデフレ脱却を目指し、さまざまな景気刺激施策と合わせて「インフレ」を目標にしていることは、周知の通り。インフレ、すなわち「物価が上がる」ということは、「お金の価値が下がる」ということ。大手都銀でも普通預金に100万円預けてようやく10円の利息が付くような「超低金利」な現代では、安全運転だと思って貯金しているだけでは、いつのまにか損をしてしまうかもしれない。 とはいえ、親しい間柄でも、お金についてはなかなか話を聞きづらいもの。同世代が今どのぐらい貯金していて、将来に向けての資産運用についてどう考えているかなど、気になったことはないだろうか。マイナビニュースでは、20代から30代のマイナビニュース会員315人に、リアルなお金に関するアンケートを実施。その結果をもとに、初心者が投資する上でのコツや心構えを、美人金融アナリストの三井智映子さんにうかがった。

続きを読む
レポート

「野村グローバル・ロング・ショート」年金運用で実績のある運用手法で、相場環境に左右されない安定的な収益獲得を目指す

~運用6年目に突入するネット証券専用ファンドの現状と今後【5】~

 資産倍増プロジェクト専用ファンド第2弾の1本として2011年11月に設定された、野村アセットマネジメントの「野村グローバル・ロング・ショート」。先進主要国の株価指数先物や債券先物、為替予約の取引を組み合わせることで、相場環境に関わらず長期にわたって安定的に収益を獲得していこうというファンドだ。  このファンドの2016年1~11月末までの11カ月間の運用状況と、ファンドの仕組み、活用方法などについて、井上裕士・野村アセットマネジメント金融法人営業部シニア・マネージャーに話を聞いた。

続きを読む
ネット投信入門

「NISAで投信投資」のポイントをおさらいしよう!

【今回の回答者】エフピーウーマン代表取締役 大竹のり子さん

2014年にスタートしたNISA(少額投資非課税制度)。すでに活用している人がいる一方で、NISA口座は開いたものの使っていない人や口座自体をまだ開設していない人もいるのでは? 今回は、NISAを利用して投資信託に投資する際に知っておきたいポイントについて、FPの大竹のり子さんにうかがいました。

続きを読む
インタビュー

2017年から制度が変わる個人型確定拠出年金サイトを大幅リニューアル! 投信を活用した資産形成にぜひ目を向けて欲しい

SBI証券 執行役員投資信託部管掌 橋本隆吾さん、投資信託部課長代理 仲岡由麗江さんに聞く

金融庁などが「貯蓄から投資へ」と言い続けてきましたが、最近は「貯蓄から資産形成へ」といった表現に変わりつつあって、資産形成の重要性がより強調されてきています。そして、投資信託は資産形成に非常に適した金融商品です。  もちろん、金融商品には株式や債券などさまざまなものがあります。ただ、株や債券は、銘柄にもよりますが、購入にはある程度まとまった資金が必要です。また、株式の場合は、5倍、10倍になる銘柄がある一方で、業績悪化などにより2割、3割下がることも珍しくなく、個別銘柄の選択は非常に難しいと言えるでしょう。

続きを読む
レポート

「新興市場日本株 レアル型」 中長期的に成長が期待できる新興市場銘柄に投資すると共に、ブラジルレアルによる為替取引でプレミアム獲得も狙う

~運用6年目に突入するネット証券専用ファンドの現状と今後【4】~

 資産倍増プロジェクト専用ファンド第1弾の1本として、2011年7月に設定されたアセットマネジメントOne(旧・DIAMアセットマネジメント)の「新興市場日本株 レアル型」。  成長期待の高い国内の新興市場株式に投資し、中長期的な値上がり益の獲得を目指しつつ、円建て資産をブラジルレアルで為替取引することで金利収益と為替差益の獲得も狙っていく。専用ファンドの中では、唯一の毎月分配型という点でも特徴がある。  このファンドの直近1年の運用状況及び、どのような投資哲学に基づいて銘柄を選択しているのかなどについて、岩谷渉平・アセットマネジメントOne運用本部 株式運用グループ 国内株式担当ファンドマネジャーに話を聞いた。

続きを読む
インタビュー

「リターン」ではなく「シャープレシオ」と「標準偏差」に目を向けることで、本当によい投信選びが可能になる

FPアソシエイツ&コンサルティング チーフ・エグゼクティブディレクター 神戸孝さんに聞く

 投資信託を買いたいけれど「よい投信」を探す方法がわからない、と悩んでいる人は多いようです。投信評価会社のモーニングスターやネット証券のウェブサイトには、条件を入力して投信を検索できるサービスがありますが、一体どんな項目に注目して検索すればよいでしょうか。  最初に「トータルリターン」をチェックする、という個人投資家はけっこう多いのでは? しかし、私が見て欲しいと考えるのは、「シャープレシオ」と「標準偏差」という2つの指標です。逆に、「トータルリターン」は見る必要がないかもしれません。

続きを読む
ネット証券ファンドシリーズ 運用報告会 オンラインセミナー
ネット投信入門講座
なぜ?投信はネット証券で買うのがおススメなの?
  • 低コスト
  • ファンドの種類
  • 1000円から積立
  • ネットならではの機能

詳しくはこちら

資産倍増プロジェクト
なぜ賢い投資家は「ネット証券」で投信を買うのか