head-line

ネットで投信を買う! ネット証券4社共同プログラム~資産倍増プロジェクト~

・証券投資は、価格の変動、金利の変動、為替の変動等により投資元本を割り込む恐れがあります。お取引の際は、約款・規定集、契約締結前交付書面、投資信託説明書(交付目論見書)、お取扱商品の重要事項の説明等を良くお読みいただき、商品特性やリスク及びお取引ルール等を良くご理解の上、銘柄選択、投資時期、投資スタイル等、投資の最終決定はご自身のご判断とご責任で行ってください。
・投資信託の購入は、基準価額の変動により元本を割り込み損失を被ることがあります。ファンドにより販売手数料とは別に、信託報酬・解約手数料・その他手数料等を要するものがありますが、各ファンド別に要件・料率等が異なりますので表示できません。お取引に際しては、目論見書(商品毎)および目論見書補完書面(投資信託)をよくお読みください。
※詳細および最新情報は各社ホームページにてご確認ください。

イベント内容を動画で配信中!

※イベント内容を動画で配信中!

ネットでNISAフォーラムinTokyo 動画配信

3月5日(日)ベルサール渋谷ファーストで開催された『ネットでNISA in Tokyo』の講演内容を、オンデマンド配信をしています。下の「動画を見る」をクリックして再生画面の講演一覧から見たい講演をクリックしてご連絡ください。(一部配信のない講演もあります。)

インタビュー

「資産形成は投資信託だけで十分。まずは、『先取り+積立』の習慣をつけましょう」。これから資産形成をスタートさせる新社会人へのメッセージ

オフィス・カノン代表 ファイナンシャルプランナー 馬養雅子さんに聞く

 会社に入って社会人生活をスタートさせるのを機に、これから資産形成に取り組もうと考えている人は多いと思います。あるいは、社会人になってから時間は経っているけれど、これまで何もやって来なかった、今年度こそ投資を始めようという方もいるかもしれませんね。

続きを読む
レポート

「SMTアジア新興国株式インデックス・オープン」 世界の中で存在感を増すアジア新興国に分散投資できる低コストのインデックスファンド

~運用6年目に突入するネット証券専用ファンドの現状と今後【6】~

 資産倍増プロジェクト専用ファンドの1本として誕生し、現在は三井住友トラスト・アセットマネジメントの「SMTインデックスシリーズ」のラインナップに加わっている「SMTアジア新興国株式インデックス・オープン」。成長期待の高いアジア地域の新興国株式に投資するインデックスファンドだ。  このファンドの直近約10カ月半の運用状況と今後の見通しなどを、古賀幸治郎・三井住友トラスト・アセットマネジメント株式運用グループシニアファンドマネジャーに聞いた。

続きを読む
イベント

≪野村アセットマネジメント≫長期の資産形成に適した「Funds-iフォーカス」シリーズを紹介

『ネットでNISAフォーラムin Tokyo』会場レポート[11](スポンサー講演⑦)

 野村アセットマネジメントでは、「長期保有に効く!『Funds-iフォーカス米国ハイ・イールド債券』『Funds-iフォーカス米国株式配当貴族』のご紹介」と題したプレゼンテーションを行なった。

続きを読む
イベント

≪三井住友トラスト・アセットマネジメント≫好調な日本と米国にフォーカスした新しいバランスファンドを紹介

『ネットでNISAフォーラムin Tokyo』会場レポート[10] (スポンサー講演⑥)

 三井住友トラスト・アセットマネジメントのテーマは、「米国経済の加速に向けた新政権の政策に期待 SMT日米インデックスバランス・オープン ~日米配当貴族指数を活用した分散投資~」。百瀬順治・担当部長が、2月27日からSMTインデックスシリーズに新たに加わったファンドの特徴と魅力を紹介するプレゼンテーションを行なった。

続きを読む
イベント

≪アセットマネジメントOne≫アクティブファンドの運用担当者は何に注目しているのか?

『ネットでNISAフォーラムin Tokyo』会場レポート[9](スポンサー講演⑤)

「2017年投資のヒント ~日米株スターファンドマネージャーに聞く~」というタイトルで、ユニークなプレゼンテーションを行なったのはアセットマネジメントOne。2016年10月にDIAMアセットマネジメント、みずほ投信、新光投信の3社が統合。アセットマネジメントOneは、運用資産51.5兆円で日本で最大の運用会社となっている。

続きを読む
ネット投信入門

「目論見書」で見かけるあの用語について正しく理解しよう!

【今回の解答者】楽天証券経済研究所 篠田尚子さん

 投資信託を購入する際には必ず目を通す「目論見書」。その中から、「ファミリーファンド」や「ファンド・オブ・ファンズ」など気になる用語をいくつかピックアップ。用語の正しい意味や、投信を選ぶ際に押さえておくべきポイントについて教えてもらいました。

続きを読む
ネット証券ファンドシリーズ 運用報告会 オンラインセミナー
ネット投信入門講座
なぜ?投信はネット証券で買うのがおススメなの?
  • 低コスト
  • ファンドの種類
  • 1000円から積立
  • ネットならではの機能

詳しくはこちら

資産倍増プロジェクト
なぜ賢い投資家は「ネット証券」で投信を買うのか